統括課長(兼)総務課長 鈴木清之

林業に携わるきっかけは「自然の中で働きたい」
統括課長(兼)総務課長 鈴木清之

  • フォレストマネージャー
  • 林業技士(林業経営)
  • 認定森林施業プランナー

平成9年に地元普通高校卒業し入社。
林業に携わるきっかけは「自然の中で働きたい」という思いから。
当初は、山歩きもままならず木の種類もわからないという状態でした。
そこから3年過ぎ、まともに働けるようになってから林業の魅力にきづきました。

自分の感じる魅力とは、

間伐して山が明るくなると今までと違った風景が生まれ、キレイだなと感じる時や山から木材を搬出する時は達成感が生まれる時ですね。

自分の仕事は素材生産や支障木伐採などの現場仕事から、組合の運営に関する総務仕事などの事務仕事を担当しています。
みんなが笑顔で仕事が出来るよう日々頑張っていますo(^-^)

森林整備課長 鈴木啓史

事業が完了するときには大きな達成感が
森林整備課長 鈴木啓史

  • 林業技士(林業経営)
  • 認定森林施業プランナー

平成18年に静岡県立農林大学校林業養成部林業学科を卒業し入社。

実家も山を持っていることから山への親しみがあり
農林大学に入りました。自分の家の山を将来生かせるように林業を学びました。

林業の魅力は、自然の奥深さ。
自然が相手である林業は、知れば知るほど奥深い。
切った木が、家になったりと社会へのつながりがとても広い。そういったところも魅力。
自分の仕事は森林整備の提案。
道をを入れて、間伐をし、材木を出す。
認定森林施業プランナーの資格を持っているので。
選別や、補助金を取り扱う仕事、それを利用するために所有者に提案(プランニング)をしていきます。色々な山があるので、その山にあった提案が必要。
提案から、完成まで全て管理している。提案が、事業になり、事業が完了するときには大きな達成感が得られます。

今後の目標は、色々な知識をもっと得て総合力を上げていくことです。

森林計画係  村山英人

山の魅力を最大限に引き出したい!
森林計画課長  村山英人

  • 測量士
  • 認定森林施業プランナー

平成24年に測量業から転職し入社。入社当初は、杉もヒノキも全く分からず、林業に魅力を感じていませんでした。林業に携わり、自然と人が近い里山の森町で活動し「自然と人との調和」を感じることで、徐々に林業の魅力、自然の魅力をしることになりました。たくさんの方々との出会い、経験を重ねた今だからこそ、山の魅力を多くの人に知ってもらいたい、山の魅力を最大限に引き出したいと思うようになりました。

山の魅力を一言でいうと「ストレスフリー」
四季折々表情を変える山、町には無い静けさや、キレイな空気など、ストレスを感じることは全くありません。ストレスが溜まった社会人の人たちには是非山に足を運んでほしいと思いますね。

これからは価値が上がっていくはず!
現在木材の価格が低く、山には価値が無いと言われていますが、現在が底辺なだけだと思っています。今が底辺なら、これから価値は上がるだけじゃないですか?なので、山の所有者は、間伐等をしっかり行い、価値を高めておいて欲しいと思っています。

総務課経理係長  加藤美幸

人柄が良い人たちばかりの職場
総務課経理係長  加藤美幸


平成20年に入社。
森林組合に入ったきっかけは、もともと地元に住んでいてご縁があったこと。

今は総務経理を担当し、組合さんの出納帳をしっかり管理しています。
経理は、入社してから勉強したこともあり、職場の皆様に助けられながら頑張っています。

人柄が良い人たちばかりの職場なので、人間関係もとても良いですね。
職員一同、一つの目標に向かって頑張っていければと日々頑張っています!

総務課総務係  奥宮紀子

組合員さんたちと話できることが嬉しい
総務課総務係  奥宮紀子


平成27年に入社。

現在は加藤さんの補佐や、雑用全般を担当しています。職場の雰囲気も良くとても働きやすい職場です。

地元出身ということもあり、顔なじみの組合員さんが居たりと、つながりもありますので、組合員さんたちとお話しできることがうれしく感じています。

今はまだ入ったばかりなのでがむしゃらに頑張っています!

森林施業係長 三倉靖啓

どんな木でも切れる『プロフェッショナル』になりたい
森林施業係長 三倉靖啓

  • フォレストワーカー

平成21年に別の森林組合から入社。

林業に携わるきっかけは、自分の先輩が林業をやっていて、おもしろそうだと思ったこと。実際に楽しいです(笑)。

大きい木を切ること、自分で考えて現場が進んでいくことに魅力を感じますね。
大きい木を切って、倒れた時に揺れる振動を受けた時は何物にも代えがたい達成感を感じます。

今後の目標は自分のスキルアップ!
どんな木でも切れる『プロフェッショナル』になりたいと日々頑張っています。

森林施業係 山出哲聖

倒す木を狙った方向に倒せるととても気持ちいい!
森林施業係長 山出哲聖

  • フォレストワーカー

平成26年に静岡県立農林大学校の林業学科卒業後、入社。

高校時代に、山を管理する林業に興味を持ちました。

現在は、伐採をメインに作業をしています。仕事の魅力は、大自然の中で仕事ができること。倒す木を狙った方向に倒せるととても気持ちよいです!

まだ、学ぶ立場なのに後輩が入ってきたということもあり、学びながら教えるということがとても大変だと感じていますが、なんとか頑張っていきます。

目標は、ほかの人に信頼される技術力の向上。
自分の仕事が環境保全に繋がってくように日々努力をしています。

森林施業係 尾﨑武司

チームワークが大事であることに魅力を感じる
森林施業係 尾﨑武司

  • フォレストワーカー

平成28年に運送会社から転職し入社。高校出てから水道設備に7年、その後10年間運送会社で働いていました。

水道設備の時に重機に乗る機会が多く、その時の先輩の紹介でこの会社に入りました。経験が生きる仕事であることから選びました。

もともと山歩きは好きで、親の狩猟についてったりと体力には自信があります。休憩中にみんなでわいわいしたり人間関係の良い会社だと思います。

林業について、測量する人、道を作る人、木を切る人のチームワークが大事であることを感じ、そういったところに魅力を感じます。

今後の目標は
早く先輩たちに近づけるようになれるように技術を磨くことです。
難しい木でも苦戦しないで切れたらと頑張っています。

森林施業係 池谷芹菜

自然の中でのびのび仕事ができる
森林施業係 池谷芹菜


平成31年に静岡県立農林大学校を卒業し入社。
授業の一環でたびたび森町森林組合を訪れることがあり、環境と業務の体制がしっかりしていると思い、入社を決めました。

林業を志したきっかけは、出身地で山を適切に管理できなかったことで土砂災害が起こった事があり、それがきっかけで林業に興味を持ちました。

自然の中でのびのび仕事ができるところに、この仕事の魅力を感じています。

早く先輩たちに追いつけるよう、しっかり木が切れるようになりたいですし、機械にも乗りこなせるようになりたいと思います。

page top